#カンボジアのプノンペンの高い建物について

プノンペン市内プノンペンビジネスセンター******#カンボジアのプノンペンの高い建物についてクライクライウェブサイトによると2018年の初め、プノンペンには合計979の建物があります。プノンペンのク一オン・スレン知事から2018年8月5日に発表がありました。知事は、プノンペンの高層ビルのほかに、199のアパートと288の高級ホテルがあると語りました。同氏は、プノンペンの新しい建設プロジェクトには約380万平方メートル...

#2018年の総選挙後のカンボジア不動産

プノンペンのアパートプノンペン市内+++++#2018年の総選挙後のカンボジア不動産 ライクライウェブサイトによると チェコ・ソクニムさん、センチュリー21メコン不動産の総責任者は、カンボジアの不動産市場の状況は引き続き良好で、前進していると述べた。通常、投資家は投票状況を心配していません。 2018年8月2日のAKP通信社によると、 同氏は、国内外の投資家が引き続き投資用の土地を購入し、多くの新しいプロジェクトが今後も...

#カンボジアと日本国際貿易2018年

カンボジアの工場カンボジアの工場******#カンボジアと日本国際貿易2018年#日本とカンボジア国際貿易についてクライクライウェブサイトカンボジアは、2018年上半期に7億1500万ドル相当を日本に輸出している。昨年同期より19%増加した。日本貿易振興機構(JETRO)のデータによると、上期の成長率は高い成長率で、日本への輸出の成長率は4.6%だった。カンボジアは、今年1月から6月にかけて、日本からの輸入品191百万ドルとな...

#2018年カンボジア総選挙の有権者の投票率

カンボジア選挙2018カンボジア選挙2018カンボジア選挙2018カンボジア選挙2018***#2018年カンボジア総選挙の有権者の投票率プレスニュースウェブサイトカンボジア選挙管理員会の報道官の発表により発表がありました。2018年7月29日カンボジアの第6回目の国会選挙は午前7時から午後3時までに有権者が選挙に行きましたが全国で82%の投票率でした。自由と平和な選挙状況になります。2013年の第5回目の総選挙による有権者の投票率は...

#カンボジア総選挙2018

カンボジア選挙2018カンボジア選挙2018カンボジア選挙2018******#カンボジア総選挙2018#カンボジア国会選挙🗳2018カンボジア紀行(ブンラット トム)カンボジア内戦の不幸からの復興を支援しております。1993年に第1回目の総選挙が始まりました。その時は40党から出馬されていました。国連事務総長となった日本人の明石ヤスシ氏はカンボジアでのUNTACの代表としてお仕事を成功されていました。1993年5月28日に選挙結果が発表...

#アンコールワットのおすすめ日本語ガイドトム(81) #カンボジア中央銀行と金融機関について

カンボジアの通過カンボジアの国立銀行====#カンボジア中央銀行と金融機関について#カンボジア銀行と金融機関情報についてクライクライウェブサイト(カンボジア商業省の発表)では2018年現在、カンボジア国立銀行によりカンボジアの商業銀行数は39社あると報告されております。外国人の投資している銀行は12社あります。専門銀行は15社あります。全国のマイクロファイナンス機関は7社あります。マイクロファイナンス社は70社...

#アンコールワットのおすすめ日本語ガイドトム(22) #カンボジア特別経済区と国際貿易について

スバイリエンの特経済区プノンペン特経済区===========#カンボジア特別経済区と国際貿易について#カンボジア開発評議会によりカンボジアの全国の特別経済区は23カ所が登録さました。23のうちには19カ所の特別経済区が現在活動しております。カンボジアの貿易について2017年に発表がありましたがカンボジアでの4カ所の特別経済区において輸出が最大金額となった事が分かっています。1。ベトナム国境のスバイリエン州には2カ所があ...

#カンボジアガイドトム(335) #ポイベトとシソポンの鉄道の運営再開

#ポイベトとシソポンの鉄道の運営再開#ポイベトとシソポンの鉄道の運営再開#ポイベトとシソポンの鉄道の運営再開===========#ポイベトとシソポンの鉄道の運営再開ロイヤル鉄道カンボジア(株)の公式ページによるとタイ国境の町にあるポイベトからシソポンまでの鉄道の再工事が行われたとの発表がされました。会社の報道発表によると2018年4月から2018年7月までには鉄道運営の再開を始めると報告されました。再運行すると2018年7...

#カンボジアガイドトム(329) カンボジアのロンノール元帥のクーデター後48周年

ロンノール氏左手と右手はシアヌーク氏ロンノール氏===========カンボジアのロンノール元帥のクーデター後48周年カンボジアの冷戦の影響について1953年にはカンボジアはフランス植民地から独立した。1955年から1965年の間はカンボジアは経済が発展した平和な東南アジアの国でした。カンボジアの農作物(ゴム、お米、トウモロコシなどに)輸出が行なわれました。*シアヌーク時代のカンボジアの非同盟国のポリシーついて*アメリカに...

#カンボジアガイドトム(326) #シアヌークビルのマリエットインターナショナルの五つ星に投資する

#シアヌークビルのマリエットインターナショナルの五つ星に投資する#シアヌークビルのマリエットインターナショナルの五つ星に投資する#シアヌークビルのマリエットインターナショナルの五つ星に投資する===========#シアヌークビルのマリエットインターナショナルの五つ星に投資するカンボジアのクライクライウェブサイトによるとカンボジアの不動産会社、grand lion group グランドライオングループ(株)はアメリカの会社Marriot...