カンボジアの伝統楽品が好きなツアーガイド

ヴォン・ニーさんカンボジア紀行:アンコールワットこんにちは、英語のツアーガイド!ヴォン・ニーと申します。宜しくお願いし致します。ヴォン・ニーさんはシエムリアップに生まれ、1999年に英語のツアーガイドになって現在までもガイドの仕事をしている、カンボジアの伝統楽品(トロクメールが好きので)ガイドをしている中にお客様が疲れたときに音楽を演奏することが出来ます。...

[年金先生の日本人はカンボジアの旅 [アンコールワットの現地ツアー手配]

飛んているの子チャム.スラム寺院のリンテル密林の花歌手床屋さんコーケーのゲストハウスカンボジア紀行=(プリア.ヴィヒア) カンボジア紀行のガイドさんは2012年11月6~14までの遺跡が好きな日本人の年金生活者は、カンボジアの郊外の村にクメールの寺院が沢山残り、田舎のゲストハウスを泊まる、日本がない風景などに写真を撮れることが出来る。今回の旅は観光客は行かずの場所に行きますので、行く道がバイクと歩く道...

カンボジア紀行の遺跡研究家

オトバイドライバが川を渡すプラサート チャム・スラム白いナスプリア・ヴィヒアー(カンボジア紀行)コーケー遺跡群から東北約25キロ、クレーンプロムテプ 国立公園のうちにプレイ・ヴェン村は人口約250人人に住んでいる、村人の生活はお米がしかないです。遺跡を研究家の日本人は今回は3回目に村の近くのチャム・スラムに訪問をしました、行く道がないので、クレーン村からオトバイドライバの二台がチャトターをしましたが恐ろしいの...

田舎の小学校の子どもたち [カンボジアの現地ツアー]カンボジアの小学校

プラサート タ・ドンシエムリアップ郊外の農村地村の小学校の子どもたちシエムリアップ-(カンボジア紀行) 年金生活の70歳代の日本人がカンボジアの文化が興味深くのに今回は77数回目に来ましたがクメールの寺院は写真を撮った後に日本でパソコンを調べたが建築年代物や様式などに分かります。数千ヵ所のカンボジアの遺跡を調べると日本からのノートや洋服などに持って来ました、貧しいの子どもさんたちが渡します。遺跡の研究と小...

[外国人の観光客数の増加]

プノンペン-(プノンペンポスト)前年同期の2,084,789人に比べて23.6パーセントの増加-観光省の数字は、カンボジア王国における国際的な観光客の数が2,577,540人に達し示す。データは、陸路によって王国に到着した観光客の数は33.3パーセント1,299,804人に観光客や総客数の50.4パーセントと成りました、表示されます。航空便で到着したものは16.4%を示しました。テースト・チャンター氏、観光省の局長は、数字は同国...