クバルスピアン遺跡ツアー アンコールワットの観光 オススメ 現地ツアー

クバルスピアンのビシュヌ神の彫刻シエムリアップ=カンボジア紀行クバルスピアンはクレーン山の国立公園に位置しています。シエムリアップ市から北に約49キロ離れています。車で1時間くらいかかります。1999年に観光名所になりました。11世紀頃にヒンズー教の信仰によって、川の岩でシヴァ神のリンガは一千体が彫ってあります。男性のシンボルです。入場券の会社の方を聞くと、一日に外国人の観光客は100人~200人...

シェムリアップ空港について(3)カンボジアの観光情報

★シェムリアップ空港の歴史シェムリアップ空港は、1937年フランス植民地であったシアヌーク政権時代に建築された。1960年にエールフランスによる初の商用フライトがおこなわれた。しかし、ベトナム戦争中米国との関係にトラブルが生じ、中国政府との関係が密接となった。1964年に中国政府が空港の修繕工事をおこなった。1970年代のカンボジア内戦時代、空港は閉鎖された。1954年、カンボジア政府国家事務局は民間航空を設立した。...

シェムリアップ空港について(2) カンボジアの観光情報 シエムリアップ国際空港

現在、シェムリアップ第二ターミナルが建築計画が進められている。出資はフランス系企業[VANCI]が70%、マレーシア系[Mahabate]によるジョイント・ベンチャー企業が30%の株を所有してる。...

シェムリアップ空港について(1)

シェムリアップ空港は、1937年フランス植民地時代にアンコールワット西部の西バライ近くに建築された。1960年にエールフランスによる発の商用フライト、1964年に中国政府が修復工事を行った。現在は、ターミナルは2つに分かれている。1つは王室カンボジア軍専用、もう1つは民間航空会社が使用している。...

[カンボジアの航空会社]

シエムリアップ=カンボジア紀行カンボジアの自国の航空会社はございせん。同社は当初、それは、1990年代初期の君主制と民主主義の回復と航空会社のパートナーは、マレーシア航空、航空機が彼らからリースされたされた1994年に経済の回復後に改質した。カンボジア政府の株(51%)とマレーシア航空会社の株(49%)を合併していましたが、カンボジア1956年に設立されました。企業は、しかし、3000万米国ドルを限度、損失作りま...

[カンボジアのお盆]

シエムリアップ=カンボジア紀行一世紀頃からはヒンズー教と仏教の信仰によって、クメールの伝統的な文化を守っているそうです。カンボジアの主なお祭りはお盆お祭りとお正月ですが、今年のお盆は9月9日~24日までに行われている。プチュームベンはカンボジアのお盆(クメール語): "先祖の日"はクメール暦第10月の始め、15日間にお祝いで最高潮に達する、15日間のカンボジアの宗教の祭りである、仏教の最後に、では、上質を貸...

[カンボジアの食文化]

カンボジアの食文化はインドと中国の影響におけていた。昔の普通の朝食はお粥と焼肉を食べたそうです。1930年からの移民の店が多いですが、公務員やサラリーマンなどに朝ごはんはアイスコーヒーと中華のラメーンが大人気なんです。ラメーンは日本円で150円くらいそうです。アイスコーヒーは50円です。味見をしてみませんか?...

[カンボジアの折り紙の子]

Aさんは折り紙のススメを売っているシエムリアップ=カンボジアAさんは8才ですが、小学校は2年生そうです。Bさんは9才ですが、小学校は4年生ですが、今月は夏休みになった、毎日は午前7時~11時までにシエムリアップの宮殿の前に小さいな神社にて、折り紙のススメを売っているそうです。一個=1000リエル=25円くらいそうです。一日は1万リエルの売り出したそうです。日本円で250円くらい、AさんとBさんは従兄なん...