[刑務所麻薬取引の摘発で拘禁された2,000人の麻薬中毒者]



プノンペン =VOAクメール語
カンボジアの刑務所での麻薬取引の継続中の取り締まりの一環として、投獄された麻薬中毒者約2,000人が検査されているという。

政府は12月下旬にキャンペーンを発表し、6月末まで続くと述べた。

特定された薬物使用者はリハビリセンターに配置される。

刑務所の広報担当者Noch Savnaさんは、被拘禁者は尿検体を採取しており、当局は20日以内に調査結果を公表すると述べた。

「結果が肯定的であれば、我々はさらなる検査と調査のためにそれらを専門家に渡す」と彼は語った。

麻薬使用や刑務所での人身売買に関する報道が相次ぎ、検査が始まった。

地元のライカドー(Licadho)の監視マネージャー、アム・サム(Am Sam Ath)氏は、この動きがカンボジアの刑務所における中毒を減らすための積極的な一歩だと考えていると語った。

「麻薬密売が体系的に進められており、大規模な小売業者ではなく、小規模の貿易業者にしか亀裂が生じていないため、刑務所での薬物消費と輸入が今のところある」

同代表は、「問題を調査する道具がなく、場合によっては違法薬物の輸入に関与している場合もある」と主張した。

昨年、当局は4,000以上の薬物逮捕を行い、麻薬を175キロ以上押収した。

Comments

Private comment

No title

I will right away snatch your rss feed as
I can't to find your e-mail subscription link or newsletter
service. Do you've any? Please allow me understand
in order that I could subscribe. Thanks.